整形施術でよく使われるボトックス注射の効果

レディー

手軽な美容整形とは

整形治療

医療用に使われていた薬

ボツリヌス菌の毒素から抽出されたボトックスは、毒素といっても人間の体に悪影響を及ぼすようなものではありません。むしろ病気の治療薬として、様々な場面で使われてきたのです。これまで顔面チック症や斜視、眼瞼痙攣、てんかんなどの病気を改善してきました。ボトックスは、アセチルコリンという筋肉の収縮をつかさどる神経伝達物質の働きを抑制する効果があります。これを注射することにより筋肉の働きが弱まり、リラックスした状態になるのです。このため医療用だけではなく、美容整形でも様々な効果を生み出すことがわかってきました。顔のエラや表情ジワを取り、ふくらはぎを細くしたりすることができます。また、わきがや多汗症の治療薬としても使われています。顔のエラは、奥歯の噛み締めや歯ぎしりなどで発達した咬筋をボトックス注射をすることで弱めることができます。そのためアゴに張り出した筋肉がなくなり、フェイスラインがほっそりして小顔効果が生まれるのです。また、丸いアゴを細くすっきりした形に整えることができます。

定期的な治療が必要

表情ジワは、年齢に関係なく顔にできやすいシワです。額や眉間、目尻などにできたシワにボトックス注射をすると表情筋の力が弱まり、シワを目立たなくすることができます。ボトックス注射はシワをなくすだけではなく、肌のキメを整えハリを取り戻す若返り効果もあります。また、ふくらはぎの緊張して張り出している筋肉の働きを、ボトックス注射で弱めることができます。これで細くすっきりした足にすることができます。わきがや多汗症にもボトックス注射は効果を発揮します。これは直接汗を止める効果があるわけではありません。ボトックス注射はアセチルコリンを抑制する働きがありますが、これは発汗の伝達物質でもあるのです。この働きを弱めることにより、汗を少なくすることができます。気をつけなければならないのは、ボトックス注射は数ヶ月もすると自然に体内に吸収されてしまい、効果が薄れてしまうことです。そのため、定期的に治療を受けることが必要となります。それに注射する部分や量によっても効果は違ってくるので、医師の技術も必要な治療なのです。